【絶望】失敗した人生…逆転は不可能?後悔から立ち直る対策2選で【エビデンスを基に解決】

人生を幸せに生きるコツは?

 

むー
むー

こんにちは!むーです。

 

苦しむ女の人
苦しむ女の人

終わった…完全に人生に失敗しちゃったわ。。

過去を思い返しても、後悔と絶望しかない…私の人生、どうして こんなに失敗だらけだったんだろう。。

 

悩み多き男性
悩み多き男性

「もう、2度と間違えない」って誓ったはずなのに。。

失った時間も、お金も取り戻せないのに…こんな悔やむくらいなら、後先考えずにチャレンジするんじゃなかった。。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

▶︎今回のまとめ

  • 人生失敗した…と絶望する前に!現状改善のカギは【自己 批判の回避に答えアリ】
  • 不幸な未来を避けるたった1つの解決策を【科学で紹介】※詳細は記事の後半にて

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【絶望】失敗した人生…逆転は不可能?後悔から立ち直る対策2選で【エビデンスを基に解決】

【科学が実証】人生失敗した…と絶望する前に!現状改善のカギは『自己批判の回避』にアリ

 

【必読】本記事では、あなたの絶望や悩みを完ぺきに解消すべく、科学的なデータをもとに解説していきます。

 

絶対に、だいじょうぶ。
あなたの後悔や苦しみは、きっと克服していけますから。

 

わたしと一緒に、不幸な毎日から抜け出していきましょう。

 

 

さて、さきに結論ですが「失敗した人生をやり直すには?」を解決するカギは、『自己 批判の回避』に答えアリ

 

ここだけの話、、過去を振り返って自己 嫌悪に苦しむ人ほど、かえって絶望から抜け出せなくなる危険 “大”

 

じつは、心理学の研究によると、自信(自尊心)が回復できない原因の1つは、過度な「自己 批判」に問題が

(参考 文献:『スタンフォードの自分を変える教室』)

 

分かりやすくいうと、自責の念や自己 否定に苛(さいな)まれるほど、苦しい現状から脱却できなくなるのですね。

 

たとえるなら、自己 嫌悪や自己 否定に囚われることは、不幸から脱出できなくなる “呪い” にかかるようなもの。

 

…ここで1つ、振り返ってみてください。

 

うまくいかないことばかりの人生に絶望し、ご自身を「ダメ人間」や「落語者」と捉えていませんか?

 

ご自分の不手際(ふてぎわ)や過去の失敗を後悔し、自暴 自棄になることはないでしょうか?

 

【科学が証明】過去の失敗は『セルフ コンパッション』で受け入れよ⁉︎

 

そこで、です。

 

科学的にオススメなのは、ありのままの現実を受け入れる『セルフ コンパッション』を実践すること。

 

じつは、脳科学や心理学の研究によると、そのままの人生を認められる人ほど、↓以下のメリットを受けやすい傾向に。

 

▶︎メンタル的なメリット

  • 自制心が改善
  • 共感性がアップ
  • 抑うつ気分が改善
  • 衝動的な言動が減少

 

  • マイナス思考が改善
  • モチベーションが改善
  • 人生の満足度がアップ
  • ストレス抵抗力がアップ

 

  • 挫折を乗り越えやすくなる
  • 自暴 自棄に陥りにくくなる
  • 自己 批判に囚われにくくなる
  • 「改善に繋がる努力」ができるようになる…など

(参考 文献:『Compassion(コンパッション)ー状況にのみこまれずに、本当に必要な変容を導く、「共にいる」力』『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『スタンフォードの自分を変える教室』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

むー
むー

まとめると、あるがままを受け止められる人ほど、メンタルが安定して逆境や挫折を乗り越えやすくなるのです!

 

たとえるなら、ありのままを受け入れられないことは、魚が「空を飛ぶ鳥」になろうと夢見るようなもの。

 

「本当の自分じゃない存在」になろうと思ったら、生きるのが苦しくなって当たり前…ですよね。

 

「失敗した過去」を受け入れるのはツラい、けど…?

 

たしかに、過去の失敗やミスを正面から見つめるのは、精神的に苦しい作業の1つかもしれません。

 

しかし、失敗したという「事実」を認められなければ、原因の追求や問題 解決の糸口を掴むこともできない

現実を直視できずに、自己 批判に苦しむだけ。

 

だからこそ、現状に留まるのでなく「前に進むため」に、ありのままの人生を受け入れる必要アリなのです。

 

さぁ、想像してみてください。

 

あなたは、友だちが心傷ついて苦しんでいるとき、さらに落ち込ませるような “批判の言葉” を向けるでしょうか?

 

親友が「失敗だらけの人生だった…」と絶望しているとき、さらに追い詰めるような暴言をかけてやりたいですか?

 

…きっと、答えは「NO!」のはず。

 

反対に、どのような「思いやり」や「優しさ」を向けてあげたら、友人のメンタルを癒してあげられるでしょうか?

 

断言できます。

 

人生の失敗や過去の後悔を乗り越えるカギは、ありのままを認める『セルフ コンパッション』にアリですよ。

 

【データあり】人生の失敗は「前向きに捉え直す」が吉⁉︎

 

とはいえ、↓以下のような反論もあるかもしれません。

 

苦しむ男の人
苦しむ男の人

「失敗したとき=セルフ コンパッションが解決策に」ってことは分かった、けど。。

…でも、どれだけ現実を受け入れたところで、過去の失敗が消えて無くなるわけじゃないし。。

しょせん、失敗を認めることも「気休め」に過ぎないんじゃ。。

 

たしかに↑上記にあるとおり、失敗した過去を受け止められたところで、ミスったという事実が変わるわけじゃない。

 

そこで、です。

 

目の前にある失敗を「前向きに捉え直す」べく、認知行動療法でも利用される『リフレーミング』の実践が吉。

 

じつは、心理学の研究によると、現実をポジティブに解釈し直せる人ほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

▶︎精神的なメリット

  • 抑うつ感が改善
  • ストレス耐性が改善
  • 人生の満足度が改善
  • ネガティブ思考が改善

 

  • 不安感や恐怖心が改善
  • モチベーションが改善
  • 「疲労感」が“23%” も改善
  • 問題 解決スキルが “10〜27%” もアップ…など

(参考文献:『成功が約束される 選択の法則』『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』『後悔しない超選択術』『ネガティブな感情が成功を呼ぶ』『ビッグ・ポテンシャル 潜在能力を最高に引き出す方法』)

 

たとえるなら、ネガティブな結果を前向きに捉え直すことは、裏面のコインを “表” にひっくり返すようなもの。

 

 “禍福はあざなえる縄のごとし” とも言われるように、不幸に見えるものが「捉え方しだい」で一変することも。

 

…さぁ、思い返してみてください。

 

過去の失敗やミスを経験したことで、人生の糧(かて)になったことはありませんでしたか?

 

これまでの努力や頑張りのなかに、人生の「教訓」や「学びの機会」を見つけられないでしょうか?

 

【危険】人生を再起 不能に陥れる「4つの考え方」とは…

 

ご注意ください。

 

じつは、挫折から立ち直れなくなる人みんなに共通するのが、人生を破滅させる「ダメな考え方」に囚われていること。

 

たとえば、人生をダメにする思考法は↓以下のとおり。

 

▶︎再起 不能に陥る【ダメな考え方】

  • 被害者 意識が強く、失敗を「他人のせい」と考える
  • 目先の小さな成功に囚われて、長期的な視点を見失う
  • 他人の目や批判を気にして、じぶんの本心にウソをつく
  • みずから変わろうとせずに、他人の行動を変えようとする…など

 

その証拠に、心理学の研究によると、失敗を「他人のせい」にしがちな人ほど、↓以下のデメリットを受けやすい傾向に。

 

▶︎生活面のデメリット

  • 免疫力が悪化
  • 抑うつ気分が悪化
  • ネガティブ思考が悪化
  • 人生の幸福度がダウン

 

  • ストレス抵抗力が悪化
  • 病気にかかりやすくなる
  • 家族 関係が壊れやすくなる
  • イジメや虐待から逃れらなくなる…など

 

▶︎経済面なデメリット

  • 病欠率が悪化
  • 失業リスクが悪化
  • 将来の年収がダウン
  • 長期的な貯金率がダウン

 

  • 昇進・昇給しにくくなる
  • 金銭的な問題を抱えやすくなる
  • 仕事キャリアで失敗しやすくなる
  • 職場の人間 関係が悪化しやすくなる…など

(参考 文献:『性格スキルー人生を決める5つの能力』『MIND  OVER  MONEYー193の心理研究で分かったお金に支配されない13の事実』『選択の科学』『パーソナリティーを科学する 特性5因子であなたがわかる』『選択の科学 コロンビア大学ビジネススクール特別講義』)

 

専門的に『外部 統制型(がいぶ とうせいがた)』と呼ばれる心理 傾向ですね。

 

分かりやすくいうと、ものごとを「他責 思考」で捉えがちな人ほど、さらに人生の失敗を悪化させる危険アリ。

 

たしかに、他人のせいにして言い訳する人生のほうが、楽に生きられるはず。

…その引き換えに、成功を捨てることになったとしても。

 

なので、たとえ事実だとしても「親のせいで〜」とか「家庭が悪くて〜」と考えるのは…避けるのがベター。

あなたの人生を破滅させる “第一歩” ですので。

 

【日本人の9割が陥る失敗】「休み」を取れない人の末路…

 

また、べつの研究データによると、休みも取らずに頑張り過ぎる人ほど、かえって成果が上がらなくなるのだそう。

(参考 文献:『ステレオタイプの科学ー「社会の刷り込み」は成果にどう影響し、わたしたちは何ができるのか』)

 

専門的に『過剰 努力』と呼ばれる心理ですね。

 

つまり、じゅうぶんな休憩ナシで働き続けていると、疲れのせいで満足した結果を得られなくなる危険が。。

 

むー
むー

とくに、わが国では「休むのは甘え!」という価値観が強いですから、日本人の9割が陥りやすい失敗と言えるかも。。

 

なので、これまでの方法が通用しなかったのなら、別のやり方を検討して「軌道 修正」する必要があります。

道を間違えたのなら、ほかの道に進めばOKですよね。

 

その証拠に、かつての偉人や著名人たちは、↓以下の教訓的な名言を残しています。

 

「失敗を繰り返しているなら…それは、もはや失敗じゃない。ただ決断が間違っているんだ」。

パウロ・コエーリョ

 

「狂気とは、おなじ行動を繰り返しながら、違う結果を期待することです」。

アルベルト・アインシュタイン

 

お気をつけください。

 

破滅を引き寄せる「4つのダメな考え方」に囚われると、失敗から立ち直れなくなる危険アリですので。

 

【まとめ】失敗した人生から再起するには?→不幸な未来を回避する唯一の打開策を【科学で紹介】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話をきいてくれた あなたに、心から感謝します。

どうもありがとう。

 

まとめると、今回の話は↓以下のとおりです。

 

▶︎失敗から立ち直る方法とは?

  • 『セルフ コンパッション』の実践
  • 『リフレーミング』で前向きに解釈
  • 「4つの破滅的な考え方」に【注意】

 

ぜひ、ご参考くださいね。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「人生 最大の失敗」について。

 

研究データによると、わたしたち人間は「何も行動しなかったとき」に、もっとも強く人生を悔やむのだそう。

(参考 文献:『幸せについて知っておきたい5つのことーNHK「幸福学」白熱教室』『幸せな選択、不幸な選択ー行動科学で最高の人生をデザインする』『残酷すぎる成功法則ー9割間違える「その常識」を科学する』『その科学が成功を決める』)

 

…さぁ、振り返ってみてください。

 

過去の失敗や後悔に囚われているせいで、行動を起こす意欲やモチベーションが削(そ)がれていませんか?

 

あるいは、これまでのミスや間違いが原因で、チャレンジする勇気や活力が失われていないでしょうか?

 

【無料プレゼントあり】人生の苦しみから【科学で脱却】

 

そこで、です。

 

ここからが、今回の本題。

 

↓以下の記事では、絶望の人生から卒業すべく「不幸な生き方を回避するには?」について、科学データありで解説。

 

コッソリ暴露すると、、不運に見舞われやすいかどうかは、本人の性格・行動・考え方などに影響されるのだそう。

 

とくに、ストレス フルな毎日を過ごしている人ほど、取り返しのつかない不運に遭いやすくなる…と確認 済みです。

 

そこで、あなたの未来を180度 変える「失敗と後悔を乗り越える科学的なストレス対策」のnoteも、一緒に紹介。

 

そして、あなたに1つ良い知らせが。

 

ここまで話を聴いてくれた あなたにだけ、特別 扱いで「もっとも重要な冒頭 部分」を無料 公開でプレゼント

 

37以上の参考 文献と科学データをもとに お話していきますから、情報の信用性+信頼感については間違いなく保証できますよ。

 

もしも、本noteに1つだけデメリットがあるとしたら、科学的な内容が「難しく、分かりにくい」という点かも。

 

けれど、心配しなくてOK。

 

中学1年生でも完ぺきに理解できるように、わたしが「分かりやすく」かつ「簡単に」解説していきます。

なので、ご安心くださいね。

 

さぁ、想像してみてください。

 

生き地獄(じごく)のような一生を強要されるだなんて、あまりにも人生が理不尽で不公平だと思いませんか?

 

反対に、将来を「あなた自身のチカラ」で変えられるとしたら…どれほど、生きづらさから解放されることか。

そう感じませんか?

 

ここだけの話、、苦痛な生き方から卒業できている人は みんな、自分だけの「処世術」を身に付けているもの

 

【警告】「精神的なストレス」から脱却できずにいると…

 

漠然とした不安や寝るときの恐怖を取りのぞくには、あなた自身の手で「人生の舵を取ること」以外に…方法はナシ。

 

ご注意ください。

 

じつは、心理学の研究によると、ストレスを解消できずにいると、悪徳 宗教や詐欺などにダマされやすくなるのだそう。

(参考 文献:『MIND OVER MONEY 193の心理研究でわかったお金に支配されない13の真実』『マインド・コントロール』『残酷な世界で生き延びるたった1つの方法』)

 

なので、ネガティブな生き方から脱却することは、あなたの命とお金を保護する “守り神” を味方にするようなもの。

 

そして、リンク先で紹介するnoteは「365日いつでも返品 or 返金OK」

 

なので、あなたが損をすることは万が一にもありませんから、どうか ご安心くださいね。

 

もちろん、決断するのは「あなた自身」。

 

さぁ、イメージしてみてください。

 

ここまで話を聞いてくださった あなたは、すでに「幸せな人生」への階段を1歩、2歩も登った先にいるはず。

 

↓下図のイメージですね。

 

進捗⑤

 

せっかく進み始めた足を止めて “スタート地点” に戻るだなんて、もったいない。

 

未来を変えるチャンスを棒に振るだなんて…あまりにも、もったいなさ過ぎる。

そう感じませんか?

 

このさきの将来を明るくできるかどうかは、すべて今この瞬間の『あなたの選択しだい』です。

 

わたしと一緒に、絶望の人生から脱却していきませんか?

 

(リンク)

 

わずか6分でサクッと「人生の意味とは?」について知りたい あなたへ→【科学で解説】人生を楽しむ意味とは?生きる目的とは何かの答えを【エビデンスありで解決】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました