• ホーム
  • 育毛剤と比較してプロペシアが薬名の治療薬について

育毛剤と比較してプロペシアが薬名の治療薬について

薄毛で悩んでいる人が使用する対策法としては、育毛剤や育毛シャンプーなどがあると言えますが、それらと比較して医学的に効果が認められているものは、フィナステリドとミノキシジルしかありません。
一般的に販売されている育毛剤などよりも、フィナステリドとミノキシジルについてはアメリカのFDAや日本の厚生労働省による認可を受けていることで、高い効果が得られることが証明されています。
薄毛の代表的な症状として男性型脱毛症のAGAがあり、フィナステリドとミノキシジルについては、このAGAを治療する効果があると言われています。
フィナステリドはプロペシアという薬名で販売されており、ドラッグストアなどで購入することができる医薬品ではなく、入手するためには医師の処方箋が必要となります。
プロペシアに含まれているフィナステリドには、睾丸にある男性ホルモンと体内の還元酵素の5αリダクターゼが結合して生み出される、DHTの生成を抑制させる効果があります。
フィナステリドの効果によってDHTの発生を防ぐことで、薄毛や抜け毛の進行を止めることが可能となり、通常どおりのヘアサイクルを取り戻すことができます。
髪の毛が抜けにくい状態にすることで、発毛に繋げることができる医薬品であると考えられています。
プロペシアの処方は薄毛治療を受け付けている皮膚科や内科、AGA治療をしているクリニックなどで行われています。
プロペシアの購入には保険が適用されないために、初診料や再診料も含めて1か月あたりにつき10000円ほどの費用がかかることを知っておく必要があります。
投薬治療の場合には、効果が実感できるようになるまでに、4か月から半年ほどの期間がかかりますので、継続的にプロペシアの服用を行っていくことになります。

関連記事